特等席は家族じゃないの?なぜ会社の上司なの?

海外と比較する日本の結婚式事情

なぜ一番良い席に上司が?

謙虚さのあらわれ??日本の席次マナー

外国人にとって、日本は、非常に細かいマナーを有する国という印象があるようです。これは結婚式に限ったことではありません。その細かいマナーのうちの1つが、席次のマナーでしょう。日本には、「上座下座」という独特のマナーがあります。遠く昔から、序列を重んじ、謙虚さを重視してきた日本の国民性が生んだと思われる風習ですが、この上座下座については、日本人でも正しく理解できていない人が多いのではないでしょうか。どこでもいいじゃないと思った経験はありませんか?外国人からすれば、なおさら意味不明であることは容易に想像できますよね。

外国の結婚式では、家族が中心!

結婚式でいう上座は、新郎新婦の高砂席から一番近い、前方正面、中央の席でしょう。一番いい席です。そこには、一般的に、家族や友人は座らず、会社の上司が座ります。主賓のご挨拶も会社の上司です。「たてる」という文化から、わざわざお越しいただいた会社の上司は上座にお通しし、もてなします。親族身内はもっとも離れた両端の席に座ります。これに対し、欧米諸国の結婚式では、新郎新婦の隣に両親や親友が座ったり、目の前の円卓には家族親族一同が座るなど、結婚式はあくまでも家族や友人が中心となって祝福します。外国人から見ると、日本の結婚式の席次マナーは不思議でならないようです。ビジネスの場ならいざ知らず、結婚式は本来プライベートなもの。外国人が不思議がるのも無理はありませんね。最近では日本でもレストランウエディングなどで親しい人に囲まれてアットホームな式を挙げたいというカップルが増えているのも、こういう堅苦しさを嫌う傾向かもしれません。

日本では、「マナー」として定着しているため、配慮が必要

最近は、日本でも家族や親族を優先したいというカップルが増えています。心情的には、当然のことかもしれません。しかし、現状ではまだ、この席次のマナーは定着したものとなっているため、安易に無視すれば、「失礼」になってしまいます。会社関係者を呼ばない、身内のみの挙式であれば問題はありませんが、会社の上司を呼ぶ際は、マナーに従っておく方が無難でしょう。どうしてもという場合は、開会時に司会者から意図を説明してもらったり、招待状に、席次の意図を書き添えるなどの配慮をしましょう。

おすすめの記事

ページTOPへ